引越し時に行うべき手続きを紹介

引越し時に行わないといけない手続き

引越しを行う時には

  • 市区町村役所
  • 電力会社
  • ガス会社
  • 水道局
  • 電話会社
  • 各種金融機関
  • カード会社
  • 利用しているサービス

に至るまであらゆる住所変更手続きが必要になります。この中には直接出向いて手続きをしないといけないものもありますし、電話やインターネットでできるようなものもありますので、早め早めに動くことをお勧めします。

住所変更手続きのパターン

住所変更を行う際のパターンには大きく分けて

  • 旧住所に居る間に行わないといけないこと
  • 新住所に行ってから行わないといけないこと
  • 利用している会社に住所変更を届け出ること

の3つに分かれてきます。
旧住所で行わないといけないことは賃貸契約の解約や転出届の提出、利用をやめるものに対しての利用解除申請です。
新住所で行わないといけないことは転入届(転居届)の提出や新しく利用するものに関しての利用申請です。旧住所で使っているサービスを新住所でも引き続き利用する場合には住所変更を行います。

特に全国区のサービスであれば住所変更をしなくても利用できますので忘れがちですが、通知が届かないことによる不都合が生じますので、気が付いたときに住所変更をするようにします。

チェックリストを作る

住所変更をしないといけないものというのは意外と多いものですので、忘れないためにも一回そういうものを列挙してみるといいでしょう。列挙したものについてはチェックリストを作ることによりいつでも変更状況を確認できるようにするべきです。変更が完了したものについては横線で消すなどのことをして漏れが無いようにします。

後に住所変更をしないといけないものを思い出したときには随時追加していきます。

スケジュールをしっかりと立てる

引越しというのは住所変更手続きのほかにもやらないといけないことが多いですので、スケジュールとしっかり立てることにより段取りよくやることができます。住所変更手続きについてもいつやるのかについてあらかじめ手帳やチェックリストなどにスケジュール化するようにします。手帳に書いてあるとこの日にやらないといけないんだなということが分かります。スケジュールを立てた時には効率よく回れるように工夫します。
例えば、市区町村役所に行って転入届を提出したというのであれば、そこで印鑑登録をしたり国民健康保険の加入など同じところでやれることは一回で済ませるようにすると無駄がありません。インターネットや電話でできるものについては一気に済ませるようにします。

特筆情報

赤帽安い引越しをする方法
安く引越をしたいと考えている方に見ていただきたいサイトです
運転免許住所変更物
運転免許の変更手続きを忘れていませんか?